お客様に安心してお買い物いただくために。
ECなどWEBサイトの脆弱性をチェックし、安全性を向上

脆弱性診断サービス「SCT SECURE」では、インターネット環境のサーバに内在する脆弱性を診断し、報告します。診断結果に基づいてセキュリティホールへの対応を施すことで、侵入、改ざん、情報漏えいなどの被害を防ぎ、ウェブサイトの安全性を高めます。

脆弱性を専用管理画面から簡単に確認

24時間世界中の脆弱性情報を蓄積するデータベースを元に、導入事業者様のサイトを毎日スキャンし、発覚した脆弱性は管理画面より簡単に確認できます。

セキュリティ対策コストの低減が可能

脆弱性診断を実施し、脆弱性と、それによる事故発生確度や影響範囲などを把握し、効率的な対策を行うことで、セキュリティ対策コストの低減に繋がります。

認証ロゴでセキュアなサイトであることを証明

脆弱性がないと診断されたサイトには安全証明マークを配信。
最終診断日付が表示されるので、お客様にセキュアなサイトであることをアピールできます。

※SCT安全証明マークの発行はAVDS診断エンジンご利用時のみとなります。

SCT SECURE診断項目

10年以上にわたる継続的な研究開発の実績をもとに、PCIDSSで既定される外部脆弱性診断と同じテスト内容で診断を実施。50,000項目以上の脆弱性と、5000以上の攻撃スクリプトを集積しています。

診断項目例

  • バックドア ・リモートコントロール ・ブルートフォース攻撃
  • CGIとFORM処理の脆弱性(SQLインジェクションを含む)
  • デフォルトパスワード ・全データベースサーバ ・全マイクロソフトのバージョン
  • 全UNIXとLinuxのバージョン ・Eメールサービス
  • リモート管理アクセス ・リモートデータベースアクセス
  • リモートファイルアクセス ・全TCPポート ・RPC
  • SMB/NetBIOS ・ICMP ・HTTPサービス(クロスサイトスクリプティングを含む)
  • OSコマンドインジェクション ・クロスサイトリクエストフォージェリ
  • ディレクトリトラバーサル ・SNMP ・SMTP ・UDP
  • FTPとTelnet ・ルータとロードバランサー
  • Firewallとアドレススイッチ

※ご希望の事業者様には手動診断サービスもご提供しています。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-6367-1510 平日9:00~18:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験版