ベリトランス、スマートフォン決済サービス 「VeriTrans mPOS」をICカード国際規格「EMV」およびNFCに対応

国内モバイルPOS業界で初めてPayPass/payWaveに対応、Apple Payの支払いも可能に

2015/05/11

アジア全般でオンライン決済事業を展開するecontext Asia Limited(HKEx:1390、本社:香港、Chairman林 郁/CEO沖田 貴史、以下:econtext ASIA)傘下のベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 沖田 貴史、以下:ベリトランス)は、2013年より提供中のスマートフォン決済サービス「VeriTrans mPOS(読み:ベリトランス エムポス)」において、ICカードの国際標準規格である「EMV」及び国内モバイルPOS業界で初めてPayPass*1/ payWave*2に準拠し、非接触IC決済も可能なmPOS端末を2015年8月より提供開始いたします。

今回、「EMV」及びNFC*3 に準拠した非接触ICカード決済サービス「PayPass/ payWave」方式に対応したmPOS端末の提供により、従来のスワイプによるカード読取りに加え、PayPass/payWave搭載カードの場合、カードをかざすのみで決済完了が可能になります。これらの機能を実装した他社の決済端末は導入事業者の初期投資および保守費用負担が大きい据置型のみですが、「VeriTrans mPOS」は安価かつ導入負荷をかけずに端末を利用いただけます。

■クレジットカード決済を取り巻く環境
EMVとは、クレジットカードの不正利用防止のために、本人確認に4桁のPINを採用するなどの対策を講じたICカードの国際標準統一規格で、米国では国際ブランド各社が2017年に全クレジットカードのEMV化対応完了を宣言するなど、全世界で普及が進んでいます。普及が遅れていた日本でも、2014年7月に経済産業省が発表した「クレジットカード決済の健全な発展に向けた研究会 中間報告書」でキャッシュレス化を推進する社会インフラとして、2020年のクレジットカード100%EMV化推進が掲げられており、EMV搭載したクレジットカード保有者の数は今後急増することが見込まれます。

また、NFCを利用した非接触IC決済サービスとしてMasterCardが「PayPass」、VISAが「payWave」の普及を推進しており、既に台湾・韓国・シンガポールなどのアジア圏では交通機関や店舗での非接触ICでの支払いが浸透しています。米アップルが昨年発表した「Apple Pay」はPayPass/ payWave対応した決済端末で支払いが可能です。政府が推進するインバウンド施策により訪日外国人が増加する中、PayPass/ payWaveでの支払いニーズは高まっていくものと推測されます。

■econtext ASIAグループの取り組み
写真 econtext ASIAグループではかねてよりeコマースにおける決済のみならず、個人消費のさまざまな領域で、クレジットカードを利用したより簡易で便利な支払い手段が普及していくと予測し、2013年8月より「VeriTrans mPOS」を展開してきました。また、決済事業のリーディングカンパニーとして、業界の規範となるべく、創業時より国内最高水準のセキュリティ環境を構築・運営しています。
今回、context ASIAグループはこれらの国内外の動向を背景に、利便性が高く、よりセキュアなカード決済サービスをサービス利用事業者や消費者に利用いただくために、決済事業者としていち早くEMV及びPayPass/ payWave対応を実施しました。先行してこれらの機能を実装することで、対面決済において競争力を強化し、新規パートナーの獲得、新領域への拡大を図ります。

■「VeriTrans mPOS」の概要
「VeriTrans mPOS」は、専⽤のスマートフォンアプリとカードリーダーを組み合わせることで、事業者が⼿持ちのスマートフォンを活⽤して店頭でのクレジットカード決済に対応できるようになるリアル店舗向け決済サービスです。
本サービスは導入企業の自社ブランドとしてOEM 提供が可能で、NTT西日本が2014年1月より展開する「フレッツ・スマートペイ」やカカクコムが2014年6月より食べログ加盟店向けに提供する「食べログPay」に導入されています。
サービス概要: http://www.veritrans.co.jp/mpos/

■今後の展開
ベリトランスは、今後も事業者・ユーザ双方の利便性向上を図るべく、「VeriTrans mPOS」への銀聯カード決済やNFCを利用した決済手段の拡充を検討していきます。また、2020年に向けたキャッシュレス化の成長を取り込みつつ、対面決済領域の拡大と深耕に積極的に取り組んでまいります。


*1: PayPassとは、NFCのType A、B方式に準拠したMasterCardが提供する非接触決済サービスで、アジア、アメリカ、ヨーロッパ等を中心に発行されています。
*2: payWaveとは、NFCのType A、B方式に準拠したVisaが提供する非接触決済サービスで、アジア、アメリカ、ヨーロッパ等を中心に発行されています。
*3: NFC(Near Field Communication)とは、TypeA、TypeB、FeliCaと上位互換がある、ISO(国際標準化機構)で規定された近距離無線通信の国際標準規格です。
※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【ベリトランスについて】
デジタルガレージグループで、EC 決済事業を担うecontext Asia Limited(HKEx:1390)の子会社。「EC 事業者のコアビジネスへの専念」を基本理念に、同じくecontext ASIA傘下のイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のEC 決済プロバイダーとして、日本国内はもとよりアジアを中心とした海外市場をカバーするグローバルな EC 決済プラットフォームの構築を目指し事業を拡大しています。
HP:http://www.veritrans.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ】
ベリトランス コーポレートブランディング室 Mail:pr@veritrans.jp TEL:03-6367-1500

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-6367-1510 平日9:00~18:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験版
保存