イーコンテクスト、教習所向けクレジットカード決済 「免許PAY」を提供開始

教習生のスマートフォンやパソコンから、24時間オンライン決済が可能に

2015/10/13

株式会社デジタルガレージ(東証 JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 グループCEO:林 郁、以下:DG)の全額出資子会社で、決済事業を手がける株式会社イーコンテクスト(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長;:踊 契三、以下:イーコンテクスト)は、全国の指定自動車教習所向けに、クレジットカード決済サービスを専用端末なしで手軽で安全に導入できる「免許PAY(免許ペイ)」の提供を開始します。また、本日より株式会社南湖自動車学校(本社:福島県白河市、代表取締役:小櫻 恵)が、運営する南湖自動車学校に「免許PAY」を初導入します。

■「免許PAY」とは
イーコンテクストのオンライン決済サービスを利用した自動車教習所向けのクレジットカード決済サービスです。従来、店頭のクレジットカード決済導入には専用端末が必要でしたが、「免許PAY」では必要ありません。クレジットカード決済を希望する教習生に、メールで決済画面のWebページのURLをご案内することで、教習生自身のスマートフォンやタブレット、パソコンなどで24時間クレジットカード決済をして頂けます。また、当社のオンライン決済システムを利用する事で、カード手数料も低率に抑える事ができます。更に、セキュリティの問題で保管や管理にコストやリスクがある「クレジットカード決済情報」は、業界セキュリティ基準であるPCIDSS準拠(※)のイーコンテクストが堅牢な環境で管理し、教習所側では一切管理の必要がないため、運用コストとリスクが抑えられます。また、収納代金の入金は、従来の月1回だけでなく、月1/2/3/6回の精算回数から選択でき、8銀行営業日振り込みを実現するので、キャッシュフロー面でも事業者ニーズに合わせた対応が可能です。


1013_menkyo.jpg

▲上記サービスロゴを利用し、教習所向けに教習生への利用促進ツール配布予定



■市場背景
市場規模4,000億円(※2)と言われる自動車運転免許の教習所市場では、現金とローンによる支払いが主で、クレジットカード対応は進んでいませんでした。専用端末の設置や決済手数料の課題等に加え、現金支払いに比較してキャッシュフロー面のデメリットがあることなどが背景にあります。
一方、一般消費者を対象とした「新たにクレジットカードで支払いたい商品・サービス」に関するアンケート(※3)では、16.8%の人が「自動車運転免許の教習所費用を、クレジットカードで支払いたい」と回答しており、今後益々増加して行くと考えられます。また、「免許PAY」では、教習生が所有するクレジットカードを利用できるため、教習料金の支払いによりポイントが貯められることなども、教習生にとってメリットとなります。


■「免許PAY」導入の南湖自動車学校様の賛同文
南湖自動車学校 代表取締役 小櫻 恵様
「以前より教習費用のカード決済には興味がありましたが、決済手数料率がネックとなり導入を躊躇しておりました。しかし、ここ数年お客様よりカード決済希望の声が多くなり、再度検討していたところイーコンテクストの『免許PAY』を提案いただきました。『免許PAY」は教習所業界では他に例を見ない決済手数料の低さと、端末導入なしでメールで決済できるなど、サービス導入のしやすさが魅力でした。教習所業界ではカード決済ができるところもまだ少ないので、他校との差別化にもなり集客の武器になると確信しています。」

■今後の展開
2016年6月末までに全国の指定教習所1,351校のうち、約15%程度に採用していただくことを当面の目標として導入を進めます。また、「免許PAY」に加え、イーコンテクストが従来強みとしてきた公共交通機関へのオンライン決済対応を引き続き注力していきます。
「免許PAY」はDGグループの決済事業会社であるイーコンテクスト及びベリトランスの、オフライン領域の深耕戦略のひとつです。今後も、EC市場に加え2017年に66兆円まで拡大が予測される電子決済市場の各分野に積極進出していきます。

(※1)PCI DSSとは、VISA・MasterCard・AmericanExpress・Discover・JCBの国際5ブランドが共同で定めた、クレジット業界におけるグローバルセキュリティー基準です。クレジット業界に限らず、一般企業・組織のセキュリティ基準としても採用されています。
https://www.pcisecuritystandards.org/
(※2)警視庁交通局運転免許課 「運転免許統計」 指定教習所卒業者数に平均的な自動車免許取得費用25万円を掛けて当社試算
(※3)2015年当社調べ 全国の15歳~69歳の一般男女1200名を対象としたインターネット調査より

【イーコンテクストについて】
  DGの全額出資子会社で、オンライン決済事業を担う決済プロバイダー。同じくDG傘下のベリトランスと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、日本国内はもとよりアジアを中心とした海外市場をカバーするグローバルなオンライン決済プラットフォームの構築を目指し事業を拡大しています。またコンビニでのキオスク端末を利用したリアル決済の先駆けであり、資金移動業者として送金サービス「CASH POST」等も運営しています。
  HP:http://www.econtext.jp/

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-6367-1510 平日9:00~18:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験版
保存