Digital Garage Group

企業情報COMPANYベリトランスの歩み

ベリトランスはインターネット黎明期の1997年に設立して以来、“国内初”となるさまざまな取組みに挑戦しながら、非対面・対面領域の双方へ安心・安全な決済インフラを提供してきました。
その歩みを簡単にご紹介します。

創業期19972000

PCの普及やインフラ整備により日本のインターネット利用者が急増した1997年、ベリトランスは米国の電子決済サービス企業CyberCash,Inc.の日本法人として設立されました。

当時、国内ECモール最大手である「楽天市場」も誕生したばかり。Eコマースはまだまだ未開拓の領域でしたが、私たちは「Eコマースの普及で人々の生活はもっと便利で豊かになる」と信じ、事業者・消費者双方にとって安全・安心で使いやすい決済サービスを提供するため、“国内初”となるさまざまな取組みにチャレンジしていました。

1997年4月
サイバーキャッシュ株式会社設立
1998年4月
国内初となる、安全なインターネット向けクレジットカード決済サービス「セキュアクレジットカードサービス」を開始
1999年7月
128bitSSL暗号化通信によるカード決済が、フジテレビのインターネット販売サイトではじまる
2000年1月
日本ベリサインと提携しSSL証明書の代理販売を開始

発展期20012012

複数カード会社との契約、入金の一元化が可能な包括型のカード決済サービス「クレジットオールインワン」の提供により、加盟店数、取扱高が飛躍的に拡大。

クレジットカード決済に加えコンビニや銀行、電子マネーのほか、越境ECを対象とした国際決済にもいち早く対応するなど、先進的な決済サービスや機能を拡充し、幅広い顧客の多様なニーズに対応できる「オンライン総合決済サービスプロバイダー」として、日本のインターネット決済市場を牽引しました。

2001年9月
国内初となる、iモード向けの安全なクレジットカード決済サービスを開始
2001年11月
クレジットカードの収納代行サービス「クレジットオールインワン」を開始
2002年4月
ベリトランス株式会社に社名変更
2002年10月
大証ヘラクレスに上場(3749)
2005年7月
SBIベリトランス株式会社に社名変更
2007年4月
日本企業で初のPCI基準Ver1.1でのPCI-DSS完全準拠
2008年12月
中国本土向けにインターネット通販での銀聯カード決済を開始
2010年1月
SBIナビ株式会社(連結子会社)を設立(現ナビプラス)
2012年1月
インドネシアにおいてPT Midtransを設立

拡大期2012

決済事業の更なる拡大を目指してデジタルガレージグループにジョインし、国内最大級の決済インフラに成長。

業界に先んじて、対面決済領域へオンライン決済プラットフォームを活用した各種決済サービスの展開を開始しました。
ANAグループや東芝テックといった各業界におけるリーディングカンパニーを戦略的パートナーとして、対面・非対面を問わず安心・安全で便利なキャッシュレス環境を実現すべく、新たな挑戦に取り組み続けています。

2012年4月
デジタルガレージグループにジョイン
2012年5月
ベリトランス株式会社へ社名変更
2013年8月
スマートフォン型クレジットカード決済サービス「VeriTrans mPOS」提供開始
2014年2月
デジタルガレージグループのDGコミュニケーションズと不動産向け決済パッケージ「住まペイ」を全国提供開始
2015年2月
株式会社クレディセゾン、株式会社オリコ、ライフギャランティー株式会社と提携し葬祭用決済サービス「セレモニーPAY」の提供を開始
2016年10月
全日空商事株式会社と合弁で、ANA Digital Gate株式会社を設立
2018年9月
株式会社ニッセンと合弁で、株式会社SCOREを設立
2018年12月
東芝テック株式会社と合弁で、TDペイメント株式会社設立