各決済手段 利用状況

ECサイトで利用比率の高い決済手段を各種ご提供。
消費者ニーズの高い決済の提供が売上拡大に繋がります。

ECサイトで利用される決済手段は年々多様化しています。
消費者が希望する決済手段を提供することも、おもてなしの一環です。
ニーズの高い決済の導入で販売機会損失を防ぎ、売上拡大に繋げましょう。

消費者の決済手段 利用動向

マルチ決済ソリューション「VeriTrans 3G」なら、お客様がネットで購入する際の主要な支払い方法をカバーしているため、決済時のカゴ落ちによる機会損失を防止します。

希望の支払方法がなかった場合の消費者動向

半数以上の消費者が購入をやめています

各決済手段の利用割合

VeriTrans 3Gなら主要な支払い方法に対応

商材・課金形式・属性別のおすすめ決済

商材や課金形式、消費者の年代・属性などにより、各決済の利用頻度が異なります。
提供サービス・商材にあわせて、導入効果の高い決済メニューを選びましょう。

決済手段取扱商材課金形式年代/属性
物販デジコン都度課金継続課金
クレジットカード決済 20代から80代まで幅広い年代が利用
コンビニ決済 カード利用率の低い10代も含め幅広い年代で利用
銀行決済ATM 年代が上がる毎に利用率が上昇
ネット
バンク
ネットバンク利用世代30~60代が中心
キャリア決済 携帯電話・プロバイダ等をよく使用する20~40代が中心
電子マネー決済
ポイント決済
ID決済
10代~40代の利用率が比較的高い
銀聯ネット決済 越境ECを利用する中国人
Alipay国際決済 越境ECを利用する中国人
PayPal決済 越境ECを利用する外国人
多通貨クレジットカード決済 越境ECを利用する外国人
Apple Pay iPhone・iPad・Apple Watchユーザー

※年代:総務省「平成 26 年通信利用動向調査の結果」インターネットで購入する際の決済方法の年代別回答より

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-6367-1510 平日9:00~18:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験版