クレジットカード決済

EC において最も利用される決済手段

クレジットカード決済は、オンラインショッピングで最も多く利用されている決済手段。
継続課金、カード情報更新(洗替)機能など充実したオプション機能に加え、消費者のカード番号はベリトランスが保持・管理するため、安心して導入いただけます。

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club

ベリトランスのクレジットカード決済の特長

事業者様でのカード情報の取扱い不要。
カード番号はベリトランスで保持するから情報漏洩リスクを軽減可能

VeriTrans4Gのクレジットカード決済では、事業者様でクレジットカード情報を取り扱う必要のない、非保持非通過化に完全対応したシステムをご提供。
国際セキュリティ基準「PCI DSS ver3.2.1」に完全準拠した万全のシステムで、事業者様の情報漏洩リスクを軽減します。

また、不正利用防止のための多彩なセキュリティオプションも標準提供。
VeriTrans4Gの導入により「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」へもコストや工数をかけずに対応いただけます。

定期継続課金やカード情報更新(洗替)機能も提供

デジタルコンテンツ販売や頒布会等で利用される継続課金に対応。
有効期限切れのカード情報を更新する「カード情報更新(洗替)」機能で代金未回収リスクと運用コストを大幅削減。

実店舗や電話注文などさまざまなシーンで活用可能

VeriTrans4Gを基盤に、電話注文時のカード決済対応や、店頭の自販機・精算機やPOS端末での利用など、マルチチャネルで活用可能です。

クレジットカード決済のセキュリティオプション

3Dセキュア【標準提供】

VISA SECURE、MasterCard SecureCode、J/Secure、SafeKey

カード発行会社に事前登録したインターネット専用パスワードを使い、購入者がカード所有者であることを確認し、第三者によるカードの不正使用を防止するサービス。
EC事業者は3Dセキュアロゴを表示することで、不正利用のターゲットにされる危険性が軽減します。

セキュリティコード認証(CVV・CVV2)【標準提供】

セキュリティコード

セキュリティコード認証は、カード券面に記載の3(ないし4桁)の数字を、ウェブ上で入力することで、手軽に認証精度を向上させることができるソリューションです。

不正検知サービスラインナップ

ECでの不正注文を事前検知し、不正被害を高い確率で抑止する不正検知ソリューションを組み合わせ、事業者様の業種・商材や不正使用発生状況、予算に応じて選択できる幅広いラインナップとしてご提供。

決済システムに標準実装しており、お申し込みのみで取引情報が不正検知サービスに自動連携され判定結果が決済処理結果と同時に通知されるので、手軽に高精度な不正検知サービスを導入することが可能です。

クレジットカード決済のその他オプション機能

再取引機能

管理画面より前回の取引で使用されたカード番号と有効期限情報を元に、新たな決済処理を行うことができるオプションサービスです。

ワンクリック継続課金[有料]

会員IDにクレジットカード情報を紐付けて登録・管理し、継続課金を行うサービス。複数のサイトを横断して利用することも可能です。

カード情報更新(洗替)機能[有料]

ベリトランスで保持するクレジットカード番号や有効期限の有効性を確認し自動で更新します。

※接続先カード会社によって洗替精度は変動いたします。

クレジットカード決済の接続方法

セキュアかつ事業者様のニーズや要件に対応した接続方式をご用意しています。
VeriTrans4Gの「MDKトークン」「リンク(POP)」方式は、事業者様でのカード情報非保持・非通過での接続が可能です。

MDKトークン(トークン決済)

MDKトークン(トークン決済)

カード支払画面にて入力するカード情報を別の文字列(トークン)に置き換えセキュアに決済完了する「トークン型(Javascript型)」と、複数の決済方法を一括管理・処理できるモジュール「VeriTrans4G MDK」を事業者様サーバに組み込むモジュール型を組み合わせたハイブリッド型の接続方式。

カード情報は購入者のブラウザから直接ベリトランスに送信され、事業者様とのカード決済処理はトークンをもとにモジュール上で実施されるため、カード情報が事業者様サーバを通過することなくセキュアに決済が可能。
また、従来のMDKを導入の事業者様はMDKトークンの追加実装のみで非保持非通過化に対応いただけます。

POP(リンク決済)

ベリトランスが提供する決済画面にリンクする方式。
手間をかけず簡単に決済を導入されたい場合におすすめです。

VeriTrans4Gのリンク決済で表示される支払い画面は、事業者様のECサイト画面上にポップアップ画面がマスクされて表示されるため、消費者に違和感を与えずユーザ離脱防止が可能です。
また、スマホ・タブレットの画面表示に対応しており、スマートフォンアプリでもご利用いただけます。

POP(リンク決済)

接続方式比較表

接続方式MDKトークンPOP
接続概要 事業者様サーバに当社モジュールを組み込み。
カード番号/有効期限の入力画面にのみ、JavaScriptAPIを組み込み
当社提供の決済専用画面が事業者様ECサイト画面上にポップアップでマスクされて表示
カード番号通過経路 当社サーバのみ通過 当社サーバのみ通過
事業者様のPCIDSS対応 対象外 対象外
決済画面のカスタマイズ 事業者様ご準備の決済画面で情報の仕向けのみ当社へ直接接続 当社提供の決済画面の設定変更によりカスタマイズ可能
ユーザ離脱防止
3Dセキュア実装
分割対応
※カード会社審査通過が必要
継続課金ワンクリック
継続課金
×
カード情報更新
(洗替)
×

※ダイレクトでは初回のカード情報の登録まで可能です。
自動スケジュール機能のご利用の場合には、モジュール「VeriTrans 4G MDK」からの処理、または管理画面「MAP」からのファイル処理となります。

クレジットカード決済の仕組み

ベリトランスのクレジットカード決済サービスを利用した決済の仕組みは次のとおりです。

  1. 消費者がECサイトからクレジットカードで商品やサービスを購入
  2. 事業者様から消費者へ商品やサービスを提供
  3. クレジットカード会社がベリトランスに決済手数料を差し引いた売上を入金
  4. ベリトランスが事業者様に決済手数料を差し引いた売上を入金
  5. クレジットカード会社が消費者に対してクレジットカードの利用代金を請求
  6. 消費者がクレジットカード会社へクレジットカードの利用代金を支払う

クレジットカード決済の仕組み」フロー図

クレジットカード決済導入のメリット

1. オンラインで最も使われている決済手段

オンラインの支払いにおいてクレジットカード決済を利用する人は全体の66.1%を占めており、最も利用者が多い決済手段です。ECの市場成長や日本政府のキャッシュレス推進策の後押しも受け、今後もクレジットカードの利用額は拡大していくことが予想されます。

オンラインでの各決済手段の利用割合(2017年)

出典:総務省『平成29年通信利用動向調査報告書(世帯編)』
※インターネットで購入・取引する場合の決済方法より2017年のデータを抜粋

2. 販売促進が期待できる

消費者は現金の持ち合わせを気にしなくとも支払いが可能なため、購買意欲が高まったタイミングで商品を購入しやすくなります。事業者様にとっては販売機会の損失を減少させ、消費者の購入単価が上昇するというメリットがあります。

3. 代金回収コスト・リスクを軽減

売上代金は事業者様に確実に支払われるため、未納リスクを軽減することができ、代金集金にかかる通知や回収作業といった手間やコストの削減も見込めます。
さらに、クレジットカード決済では毎月決まったタイミングで入金されるため、資金計画が立てやすくなります。

ベリトランスのクレジットカード決済サービス導入までの流れ

お申し込みから決済ご利用アカウント発行まで約1ヶ月でご提供します。

VeriTran4G 1ヶ月でご利用開始

1. お問い合わせ

お問い合わせフォームまたはお電話にてお問合せください。お問い合わせいただいた内容につきまして営業担当より折り返しご連絡します。

2. ご提案

営業担当から決済サービスについてのご説明を行い、事業者様からのご質問・ご要望に対して回答いたします。
なお、当社決済サービスのテスト環境および仕様書は当社webページの「決済サービス 無料試用プログラム」より登録・ログインしご確認いただけます。

3. 見積り提示・お申込み

営業担当によるヒアリング後、事業者様個別のお見積りをご提示します。
当社が提示したお見積り内容にご同意いただき、お申込みいただいた時点で加盟店審査に進みます。

4. 加盟店審査・登録

当社より加盟店審査に必要となる情報の登録フォームをご案内します。必要事項をご入力ください。
併せて、お申込みいただいた決済手段に応じて各申請書をご案内いたしますので、必要事項を記載のうえ、ご提出ください。その後、当社および決済サービス事業者での審査に移ります。

※審査結果により決済手段を提供できない場合がございます。

5. ご契約

当社担当部門より、正式なお見積書および契約申込書をご案内します。記載内容をご確認のうえ当社まで捺印済みの契約書原本をご返送ください。

6. サービスイン

契約締結後、ご依頼いただいてから5営業日後に当社より決済サービス本番環境の設定内容をメールにてご案内いたします。本番環境での接続テスト後、運用を開始いただけます。

クレジットカード決済の導入事例

日本トイザらス株式会社 様

小売

西原様

注文が殺到する繁忙期にも耐えうる稼動実績や運用サポートを評価。事業成長のため、グループ全体でのEC総合支援に期待しています。

株式会社アワーズ 様

サービス

長井様

チケット代金の支払いに顔認証決済を導入し、ファスト入園が実現。お客様へワンランク上のおもてなし体験を提供可能に。

クレジットカード決済に関するよくある質問

利用できるクレジットカード会社を教えてください。
VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersなどの各種ブランドが利用いただけます。

※クレジットカード決済の取扱いには別途カード会社の審査があります。
また30社を超えるカード会社との接続がありますので、現在お持ちのカード加盟店契約での利用も可能です。
海外発行のカードも利用できますか。
利用いただけます。
※カード会社との契約によっては決済できない場合もありますのでご了承ください。
これまでクレジットカード会社と契約したことがないため、手続きが分かりません。
ベリトランスが複数カード会社との契約を代行する「収納代行サービス」のご利用が可能です。
加盟店契約にどのくらいの時間がかかりますか
平均で2週間程度~となっております。
事業者様のサービス内容により審査に時間がかかる場合や、契約内容の調整に時間がかかる場合もございますので、お早めにお申し込みください。
購入のお客様に届けられる明細には、どのように掲載されますか。
明細に掲載する名称のご指定が可能です。
通常は申し込みの際に登録いただいたショップ名(屋号)が表示されます。
分割やリボ払いは利用できますか
利用いただけます。
※お取り扱いには別途カード会社の審査があります。
不正利用を防ぐ方法はありますか
3Dセキュアサービスやセキュリティコードの導入をお勧めします。
お客様の購入時に専用の番号やパスワードの入力が必要となるため、不正利用やなりすまし取引に対して有効な防御手段となります。

「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が2016年2月に発表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」では、EC事業者に「多面的・複層的な不正使用対策の導入」が推奨されており、ベリトランスのクレジットカード決済では標準提供のセキュリティオプションとして上記サービスをご提供しています。

また、総合決済サービス「VeriTrans4G」をご利用の事業者様は、ECでの不正注文を事前検知し、不正被害を高い確率で抑止する複数の不正検知サービスを組み合わせた「不正検知サービスラインナップ」もご検討ください。
自社環境にカード情報を保有したくありません。
「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が2016年2月に発表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」では、EC事業者に『カード情報の漏えい対策』として「カード情報の非保持非通過対応」が要請されています。

総合決済サービス「VeriTrans4G」ではカード情報の非保持非通過型決済であるトークン決済(MDKトークン)やリンク型決済(POP)をご提供しています。

クレジットカード会社が制定した国際セキュリティ基準であるPCIDSSにEC事業者様が準拠する方法もありますが、対応・継続運用に莫大なコスト・工数がかかるため、漏えい事故対策等の観点からも、非保持非通過型カード決済を導入いただき、カード情報はPCIDSSに準拠した当社環境にお預けいただくことをお勧めします。
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
決済代行、越境EC、EC総合支援サービスの導入なら決済代行専業会社のベリトランスへ。お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

03-6367-1510 平日10:00~17:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 試用プログラム