【全解説】屋外から屋内までイベント出店で“使える”決済サービス5選!

2018/11/20

【全解説】屋外から屋内までイベント出店で“使える”決済サービス5選!


飲食フェスやマルシェイベント、お祭り、催事など、屋外・屋内でさまざまなイベントが開催されていますが、イベント出店時に、お客様からクレジットカード決済など現金以外で支払えないかと聞かれることはないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが、約1週間で導入できるスマートフォン決済サービスです。

なぜなら、スマートフォン決済サービスを導入することで、売り逃しを防ぎ購入額のアップが見込めるからです。
スマホ決済サービスでは、クレジットカードや各種電子マネー、バーコード・QRコード決済などの決済手段が一式利用できるので、お客様の手持ちの現金があまりないという場合でも、その他の決済手段で購入いただくことができます。決済手数料も3.24~3.75%と比較的安価です。

また、現金のやり取りが少なくなるため、事前のお釣り準備のほか、当日の精算ミスや会計時間も減らせて、会計手順を簡素化できるなど、メリットが多いのです。

スマートフォン決済サービスを活用し効率的に販売することで、売上げ拡大や自社商品の認知度のアップなど、イベント出店を成功させましょう!


イベントにおすすめのスマホ決済サービス5選! 各決済サービスの特徴を把握する

イベント出店におすすめのスマホ決済サービス5種を機能別に一覧化してご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

スマホ決済サービス 機能別一覧-Airペイ、楽天ペイ

大きい画像を見る


スマホ決済サービス 機能別一覧-Square、Coiney、mPOS

大きい画像を見る

Airペイ/Airペイ QR

利用可能な決済手段はEdy/nanaco/WAONなどの流通系電子マネーがやや弱いですが、クレジットカード、電子マネー、バーコード・QRコード決済と幅が広くバランスのよいラインナップです。

アプリの対応機種(OS)がiOSのみなので、iPhone/iPadを保有していない場合、利用できないので要注意です。
また、売上入金先の対応銀行でゆうちょ銀行が対象外なので、ゆうちょ銀行を利用している場合は別銀行の口座を準備する必要があります。


楽天Pay

楽天Payもクレジットカード、各種電子マネーなど幅広い決済手段が利用できますが、バーコード・QRコード決済は楽天Payのみの提供で、中国人を対象としたAlipay・WeChat PayやLINE Pay・d払いに対応していません

初期費用で発生するカードリーダー費用のキャッシュバックの条件が、4ヶ月以内で決済金額120万円以上(楽天口座開設)か180万円以上と比較的条件が高めに設定されていますので、イベントに継続的に出店し売上高が見込める場合でのお申込みがよいでしょう。

売上入金タイミングは翌日入金のため、キャッシュフローが気になる事業者様にはおすすめですが、振込手数料が無料となるのは楽天銀行のみなので口座を準備する必要があります。


Square

Squareの提供決済手段はクレジットカードのみです。その他の決済手段にも対応しておきたい、という事業者様や、中国のお客様の来訪が多い場合は向いていません。

決済に利用するカードリーダー費用は4,980円(1台分はキャッシュバックキャンペーンで実質無料)と他のサービスに比較すると安価です。しかし、端末の仕様がICチップを読み取りサインをする方式で、政府が推奨する主流のICチップ読み取り+暗証番号入力方式に対応していないのでセキュリティ面にやや懸念があります。

売上入金は全銀行とも振込手数料0円かつ、手動での入金指示が不要で短期間で入金されるので、こまめに売上金を受領したい事業者様はおすすめです。特にみずほ・三井住友銀行のメガバンク2行が翌日入金に対応しているのがメリットといえるでしょう。


Coiney

2018年にFelica系の国内電子マネーに対応予定と告知されていますが、2018年11月現在ではクレジットカード決済のみの対応です。

売上入金で、売上10万円以下の場合200円の手数料が発生するので、締め日毎のタイミングで売上げ10万に満たない場合は別サービスを検討するほうがよさそうです。


mPOS

クレジットカード、各種電子マネー、バーコード・QRコード決済に対応しており、特に中国人向け決済としてAlipay、WeChat Pay以外に銀聯カード、韓国人向けの新韓カードに対応しているのが特徴です。

初期費用としてカードリーダー費用が発生しますが、大規模なイベント運営やOEM提供等の独自カスタマイズ、既存店舗・ECとの連携など、柔軟な利用形態で利用することが可能です。

ベリトランス、ANA Digital Gate提供のスマホ決済サービス「mPOS」

利用例:店舗での物販+継続課金に、費用を抑えたクレジットカード決済導入


自社の販売方法は?すぐ導入できる?来店者層は?スマホ決済サービスを選ぶ3つのポイント

では、スマホ決済サービスの導入にあたって、ご紹介した5サービスから自社にマッチするサービスをどうやって選べばいいのでしょうか。選定時のポイントを説明します。


①イベントに来訪するお客様の属性をチェックしよう

今回出店するイベントには、どんな年齢層のお客様が参加されるでしょうか。海外からのお客様(訪日外国人)が来訪することはありますか?

イベントに来訪するお客様の属性により利用する決済手段も異なります。

JCBが2018年2月に発表した「クレジットカードに関する総合調査」によると、日本の一般消費者のカード保有率は85.1%、保有者一人あたりの平均保有枚数は3.2枚と高く、クレジットカード決済の導入で大半のお客様のニーズに応えられそうですが、10~20代が多い、中国人が多いなどといった場合は下記の対象決済手段を提供しているスマホ決済サービスを選ぶとよいでしょう。

日本人 成年層 クレジットカード決済、電子マネー決済
10~20代若年層 チャージ型の電子マネー決済、LINE Payやd払いなどのQR/バーコード決済
外国人 中国人 Alipay/WeChat PayなどのQR/バーコード決済、銀聯カード決済
10~20代若年層 クレジットカード決済(PayPass/PayWave等カードをかざす非接触型も含む)

来訪するお客様の属性が幅広いようであれば、各スマホ決済サービスとも決済手数料に大きな違いはないため、より多くの決済手段を提供しているサービスを選ぶのもおすすめです。


②発生するコストを確認しよう

商品販売時の合計金額に対して発生する決済手数料は、各スマホ決済サービスとも大きな違いはありません
決済手段別で見ると、全サービスともにクレジットカード決済のJCB/Diners/Discoverや一部電子マネー決済は手数料がやや高めに設定されていますが、これらのクレジットカード 保有者・決済手段利用者数は全体の割合としては多くないので、それほど気にしなくてもよいでしょう。

月額費は全サービスが無料ですが、注意したいのが初期費です。

mPOSを除くAirペイ、楽天Pay、Square、Coineyは、スターター向けにカードリーダー費用のキャッシュバックキャンペーンとして実質無料をうたっているものの、キャッシュバックに当たっての適用条件が定められているのでよくチェックしましょう。

例えば、楽天Payは4ヶ月以内で楽天銀行口座の開設+決済金額120万円以上か180万円以上で、Airペイの場合は審査通過月を含む6ヶ月以内に決済6万円以上なので、初期費無料となる条件が大分変わります。Coineyも、審査通過月を含む4ヶ月以内に10万円以上の決済実施とハードルが低めですが、決済手段の豊富さを考慮するとAirペイがおすすめです。

また初期で別途発生する費用として、キャンペーンで無料となるのはカードリーダー1台分のため、複数台導入する場合は追加台数分の端末費用が、お客様にレシートをお渡しする際はレシートプリンターの購入も別途必要となるのでご注意ください。

コスト面では初期費・月額費などの固定費や決済手数料などの費用が気になるところではありますが、売上入金の入金手数料や入金タイミングも大事なポイントです。特に売上の入金タイミングは各サービスで大きく異なります。

キャッシュフローを重視する事業者様で既に楽天銀行口座がある、または作ってもよい場合は、利用できる決済手段が広く翌日入金で手数料0円の楽天Payがよいでしょう。翌日入金でなくてもよい場合は、入金手数料が0円で主要メガバンクであれば月6回(約5日毎)入金されるAirペイがおすすめです。


③導入期間や審査も要チェック!

スマホ決済の導入の流れは、大まかには下記の流れとなります。

  1. 申し込み
  2. 加盟店審査
  3. カードリーダーなど決済端末の購入
  4. 利用開始

スマホ決済サービスは簡易導入が売りのため比較的短期間で導入できるサービスが多いものの、サービスや導入する決済手段によっては一定の審査期間がかかることがあり、カードリーダー等決済端末の購入~送付期間も発生しますので、早めに確認して申込みをする必要があります

即日~数日で利用可能と謳っている場合も、特定の決済手段が先に利用でき(例:カード決済のVisa/MasterCardのみ先行利用可能等)、その他の決済方法は審査後追って利用可能というケースもあります。

また、商品・サービスによっては、審査で承認されず取扱いができないケースもあります。各スマホ決済サービスともに審査が否認された理由を開示していませんが、一般的には公序良俗や法令等の定めに反する商品、各種金券など換金性の高い商品等での利用を認めていないケースが多いので、気になる場合は問合せをしてみましょう。



上記でスマートフォン決済サービスを選ぶ際の3つのポイントを解説しましたが、その他にイベントの来場者数予測や販売商品の点数や種類、スタッフ配置など販売体制に応じて導入サービスや決済端末の台数などを選択しましょう。

多くのスマホ決済サービスがタブレットPOSレジサービスと連携しており、無償利用できるプランもあります。商品点数や種類が多く会計ミスを減らしたい場合や売上管理を簡易にしたい際は、POSレジサービスと合わせて導入することで、さらに業務の効率化を図ることもできます。


導入サービスが決まったら、予行練習を忘れずに。

導入するスマートフォン決済サービスが決定し利用可能になったら、イベント会場で支払いが受け付けられない等のミスを防ぐためにも、クレジットカードやバーコードが読み取れるか、バーコードが表示されるか、レシートが出力されるかなど、イベント当日までに必ず予行練習を実施しましょう。

クレジットカード決済の場合は、すぐに取り消し処理をすることでテストが行えます。電子マネーは決済取り消しができないので実際に決済するのでなく流れをチェックしておきましょう。Airペイはトレーニングモードという機能が実装されていて、利用する決済手段でテストを行うことができるので便利です。

また、通常の支払いフローのチェックに加えて、キャンセル等による払い戻しやトラブルが発生した場合の対処法も確認しておくこと。複数のスタッフで支払い受付をする場合も、予行練習の際やイベントでの販売開始前など、事前に操作方法の説明や練習を行い、操作に慣れておくとよいでしょう。


スマートフォン決済サービスを活用し、イベント出店を成功させよう!

今回は、イベント出店時に活用したい代表的なスマホ決済サービス5種と選定のポイントについて解説しました。

近年、さまざまなキャッシュレス決済サービスが登場し、徐々に一般の消費者にも広がりつつあります。

2019年10月の消費税増税に合わせて、カードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を利用することで増税2%分のポイントを還元する制度も検討されており、今後、一気にキャッシュレス決済の利用が拡大する可能性があります。

イベント出店においてもキャッシュレス決済の利用ニーズはより一層高まると予測されます。スマホ決済サービスを活用し効率的に販売することで、イベント出店を成功させましょう!

もし、大規模なイベント運営や独自カスタマイズ、既存店舗・ECとの連携など、柔軟な利用形態のスマートフォン決済サービスをご利用になりたい場合は、ベリトランスのグループ会社ANAデジタルゲートが提供する「mPOS」もぜひご検討ください。


お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
決済代行、越境EC、EC総合支援サービスの導入なら決済代行専業会社のベリトランスへ。お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

03-6367-1510 平日9:00~18:00(土日祝年末年始除く)

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 試用プログラム